篠笛&和太鼓合宿

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 17:54

4月28、29日で篠笛奏者朱鷺たたらさんと僕で篠笛と和太鼓の両方を学べるWSを合宿形式でやってきました。
篠笛は前日の27日からスタートして和太鼓は翌日28日からと言うわけで篠笛は2泊3日、和太鼓は1泊2日で開催。
今回の合宿は受講者が何を学習するかを選択できて、篠笛のみもよし、和太鼓のみもよし、両方もよし、或いは今回は2曲の課題曲があったのですが1曲は篠笛もう1曲は和太鼓と自分のニーズにあった内容を選べる新しいタイプの合宿でした。


そもそも篠笛と和太鼓が合同で合宿をするといったパックも僕の知っている範囲では今まで なかったのではないかと思います。
それぞれを別個に学ぶ合宿は演奏技術をより掘り下げて学ぶ事が出来ると思いますが、実際篠笛と和太鼓が一緒に演奏する機会が多い中、より実践的な内容を学べ、体験出来るスタイルは貴重な内容だったのではないかと思います。
和太鼓だけでみんなで賑やかに演奏する技術と篠笛をはじめ、メロディ楽器と演奏する奏法は全く別物。
篠笛は和太鼓にとって最も相性のいい楽器ではありますがそれにしてもこちら側にそれなりの工夫がなければ演奏は成立しないのです。
同じフレーズをユニゾンしたとしても和太鼓では簡単でも篠笛ではそうはいかない。またその逆もあり得たり、音域やメロディライン、息使いなどをよく理解した音選びが必要になってきます。
何よりテンポ感は和太鼓だけでやっている時よりも、もっともっと注意深く演奏しなければまず成立しません。 こういったことを体験する事により和太鼓だけの演奏に戻った時に音の出し方や周りの音をきちんと聴く耳やテンポの事などより感覚を鋭くする事が出来るようになってくるので和太鼓側にとってメリットしかないのです。
今回は篠笛も和太鼓も両方やっている人の参加が多かったですが和太鼓しか出来ないという人にももっと興味を持ってもらえたら和太鼓が所謂音楽というカテゴリーに一歩も二歩も近づけるチャンスになると思うのです。
和太鼓人気は相変わらず衰えませんがやはり「和太鼓」という特別なジャンルに括られていてそれはそれでメリットも沢山あるのですが「音楽」というカテゴリーには一般的に仲間入りさせてもらってないような気がします。
和太鼓の人がメロディ楽器を演奏する人をゲストやユニットに呼ぶ機会は多くてもメロディ楽器の人が和太鼓奏者をゲストに呼んだりバンドの中に取り入れるというケースは圧倒的に少ないという現実がこの事を物語っているのではないでしょうか?

あったとしても賑やかし程度な感覚でその人が思い描いている音楽の中に和太鼓が存在しているという訳ではない場合が多いです。
舞台の上に或いは画面の中に和太鼓がドーンと存在しているビジュアルがほしいだけの場合が大多数だと思われます。 まぁ和太鼓という楽器の持ち味が他の楽器にとっては邪魔になってしまうという一面もあるとは思いますがそれにしても工夫の仕方はまだまだあると思います。
こういったWSを繰り返し開催し、和太鼓の表現の幅を広げる事が出来たら幸いです。
また機会があったら是非やってみたいと思います。
お声掛けしてくれたたたらさんに感謝!
参加してくださった皆様にも感謝!
ありがとうございました。

ジュニアクラスがスタート

  • 2019.04.04 Thursday
  • 12:27
昨日からヒビカス横浜で小学5年生から中学3年生までを対象にしたジュニアクラスがスタートした。

私としてもヒビカスとしても初の試みで蓋を開けてみるまではどうなるか読めない部分もあったが昨日集まってくれた生徒達を見て「イケる」という確信を得た。
今回集まってくれた少年少女達は謙虚さも素直さも持っていて学びの意欲に満ちていた。
また彼らは挨拶や礼儀に関してもちゃんとしていてビックリ。
こんな当たり前の事が出来ない子(大人も)結構いたりするので彼らの行いの良さには驚かされた。
過去に教えた子の中には挨拶もできない、レッスン中にスマホをいじってるなど一体何のためにレッスンに来ているのか?こちらが教えてても全く希望を見出せない子もいた。 しかし昨日の子達は違う。
私も人間なので学ぶ側の意欲の有る無しでこちら側のやる気も変わってきてしまうのだ。
長い事こういう仕事をしていると色んな事があってここ半年くらいは特にガッカリさせられるような事が多かった。
もっと突っ込んだ事を教えてほしいと要望してきたのにそこを突くと私に対し手のひらを返したような感じの悪い態度をとってきたり、やれどこが痛いだの忙しいだのと言ってレッスンをキャンセルしてきたり、少し曲が出来るようになったからといってユニットを結成し、私の目の届かない所で私の楽曲を使い演奏活動をしていたりなど。
このような扱いをされ続けた結果、私の教える仕事に対する熱は正直徐々に冷め始めていた。
しかしながら昨日のジュニアクラスの子達と出会い気持ちは一転した。
いや、考えてみれば昨日一昨日一昨々日そして今日とレッスンをした全ての人達も私のレッスンを純粋に楽しんでくれていてみんな真剣だった。
そこに不純な動機などは微塵も感じない生徒さんばかりである事に気付かせてくれた。
極々一部の人達のために大切な事を見失いかけていた。

教える仕事とは難しいものだ。
教える側が試行錯誤をしながら伝えている事を教わる側が理解できなければ成立しないのだ。 ただひたすらに練習するだけではダメ。こちら側の意図を汲んでくれなければ闇雲に練習しているだけでそれはただただ時間の無駄使いでそこにレッスン料が発生していればお金の無駄にもなる。
年数を重ね沢山練習したら必ず上手くなるというわけではない。
目の前にいる指導者が何を伝えたいのかをいち早く理解する事が出来れば逆にもっと短い期間で上達出来る事だってある。
これは私自身が教わる側になる事が未だにあり、両方の側面から見て心底感じている事だ。 だからみんながみんな私と同じ経験(教えると教わるを経験する)ができるわけではないので全ての人に理解してもらうのは困難かもしれないけど少しでもわかってもらえたら嬉しい。

新たにスタートしたジュニアクラスの生徒達には自分が培ってきた事を出来るだけ正確に数多く伝えられるよう頑張っていこう。

嬉しいお知らせ

  • 2018.12.22 Saturday
  • 22:36
先日 、 年明け早々の《1月5日》 新春Duoライブで共演する ギタリストの磯貝一樹君が出演しているsessionライブに遊びに行って来ました!
私も何曲か参加させていただき、楽しい夜でした。
そして、 友達のキーボーディスト MAKO-Tも出演していたので 益々楽しめました!
そんなMAKO-Tは三代目J Soul BrothersやELTのバンドメンバーとしても活躍していてなんと1月5日の新春ライブにも参加してくれることになり、今からワクワクです!!
まだゲストが追加されるかも!!
と、いうわけで チケット絶賛発売中!!
なお、チケットのお問い合わせはメッセージでも承ります。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
2019年1月 5日 (土) 12:30 open 13:00 start Adv. 3,500円 Door. 4,000円(※ご入場時に別途1ドリンク600円〜のオーダーをお願いします) 【チケットお問い合わせ】 サラヴァ東京 http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20190105.php 小泉謙一ウェブサイト http://kennytaiko.com/contact/

インスタやってます

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 12:19


以前からアカウントだけは持っていて全然利用してませんでしたがここ最近ちゃんと利用してます。
ブログよりも割と気軽に出来るので便利。
主に過去のライブ動画をアップしてます。
ネタがどこまで続くかわかりませんが可能な限りアップします。
よかったらインスタの方もフォローよろしくお願いします。
(追記 )このブログに貼ってある画像をインスタグラムを開きスキャンすればフォロー出来るようです。(多分)

あと以下のurlからも僕のページにいけますよ!
http://www.instagram.com/kennytaiko/

四人囃子を終え、新たなライブへ

  • 2018.11.16 Friday
  • 11:31

おかげさまで、はせみきた、朱鷺たたら、山田路子、小泉謙一によるライブ、四人囃子が大盛況で幕を閉じる事が出来ました。
本当に楽しかった。
路子ちゃんが終演後楽屋で「同じ楽器が二人いるっていいですね。色々助かる」と言っていましたが付け加えさせてもらうとそれは楽器だけの問題ではなく、路子ちゃんにしてみればたたらさんだったから、俺にしてみればハセだったから良かったのだと思う。
例え同じ楽器が二人いても上手くいくとは限らない。
下手をすると一人の方がずっといい演奏が出来る場合も多々ある。
やはりお互いの事をちゃんと理解し合えてる相方だったからこその成功だったのではないかと強く思います。
サッカーでいえばヨーロッパの強豪チームで活躍していた選手を弱小チームに1人呼んだからといって劇的に強くなる訳ではない。(マラドーナは別格)
その選手の動きや考えている事を感じ取れるメンバーがいてこそ上手く回るものなのだと思う。
今回の出演者は全員そう言った事が上手く噛み合う奇跡のメンバーだったのだと思います。
これを一回きりで終わらせるのが本当に勿体ない。
それぞれみんな忙しく(俺以外)なかなかスケジュールを合わせられませんが最低でも年1くらいではやりたいなと個人的には思っております。


さて、そんな最高のライブの余韻に浸る間も無く、またまた最高のライブの準備に差し掛かっております。
来年年明け早々、1月5日(土)にサラヴァ東京でギタリスト磯貝一樹君とライブをやります。
磯貝君は俺より年齢が一回り以上下の世代ではありますが実力は相当なものです。
現在も様々な場所で活躍しております。
インスタのフォロワーも信じられないほどの数でとにかく大注目株の若手ギタリストです。
彼がもうちょっと忙しくなってしまったら俺とはライブやってくれなくなるかもしれないのでもしかしたら最初で最後かも(笑)
最後と言えばサラヴァ東京でやれるのもこれが最後になります。
これまで沢山お世話になったサラヴァ東京は2月で閉館。
俺にとってのサラヴァ東京でのラストライブ、磯貝一樹という最高のギタリストと最高のライブにしたいと思いますのでご来場お待ちしております。

チケットお問い合わせは当ホームページから承ります!
よろしくお願いします。

PR動画

  • 2018.09.24 Monday
  • 23:26
PR動画作ってもらいました。
コチラをクリックすればご覧頂けます。

歴代Tシャツ

  • 2018.09.20 Thursday
  • 13:08

ここ数年で出したオリジナルTシャツ。
向かって右が最新です。
17日のライブから発売開始!
ビッグシルエットなので男女問わず色々な着こなしが出来ます!
よろしくお願いします。
(ちなみに左真ん中のTシャツは既に売り切れてしまいました。)

ありがとう

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 10:40
小泉謙一solo live「月輪」超満員のお客様の中、無事やり遂げる事が出来ました。

一部のソロでは照明効果も加わってより一層世界観が増して最高のパフォーマンスを出す事が出来ました。
二部でもリハーサルでは想像出来なかった広がりのある演奏が出来て本当楽しかったー。
美穂ちゃんと翔子ちゃんに感謝。
それと何よりこのライブをするにあたって多くの人に支えられました。
当初はここまでやる事は想定してなく、というより出来ないと思ってました。
理想と現実を天秤にかけて現実的な方を選択するのが通常ですが今回は周りの仲間の協力で理想を追い求める事が出来たライブでした。
本番当日もさることながらこの日に向かって何日もかけ打ち合わせをしたり準備をしたりした日々は本当に楽しかった。

盟友はせみきた、舞台監督塩谷君、照明安藤さんと過ごした時間は確実に今後の財産になるでしょう。
当日は三宝会も手伝ってくれて物販やケータリングでお手伝いをしてくれた生徒さん、そして企画の時点からずっと支えてくれたヒビカスのスタッフの皆さん、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ここまでこだわったステージはそう何回も出来る訳ではないのでご来場いただきました皆様にも大変感謝しております。
またいつかこのような事が出来るように頑張っていきますので今後ともご支援ご声援よろしくお願い致します。

目標達成カウントダウン

  • 2018.09.14 Friday
  • 19:28

2018年の年が明けてからいくつかの目標を掲げてここまできましたが、まずは大河ドラマの「西郷どん」を欠かさず観るという目標はここまできっちりと出来ていて、今後も順調にラストまで観れる事はほぼ確定的であります。
更にもう一つの目標の「ソロライブをやる」という目標達成も、もうそこまで来てます。
あと3日。
お陰様でチケットも完売致しまして気力体力共にみなぎっている状態であります。
残り2日、しっかり調整して最高のソロライブにしたいと思いますのでご期待下さい。
新横浜スペースオルタでお待ちしております!
ちなみに私、西郷隆盛とは同じ誕生日! (旧暦の)

待つわ

  • 2018.09.07 Friday
  • 00:18

本日は(昨日)舞台監督や照明さんをむかえてのリハーサルでした。
ところが思わぬハプニングでスタジオが時間通りに使えず少々急ぎ足でのリハーサル&打ち合わせになってしまいました。
我々は時間通り到着していたのですが何やらスタジオ側にハプニングがあったようで待ちに待ってからのスタートとなりました。
急ぎ足ではありましたがきっちりとやる事はやれて更に新たな収穫もあり短い時間ながらも充実感のあるリハーサルとなりました。
そしてその後は別件の打ち合わせ。
こちらも担当の人が大幅に遅れてひたすら待ち。
しかしながらこの待ち時間を有効に使い明日が少し楽になりました。
本当今日は待ち時間の多い1日でしたが腹を立てる事なく過ごせたのはここ最近充実した日々を過ごせているからなんだなぁとつくづく思いました。
9月17日、まだ若干お席が余っております。
皆さんのお越しをお待ちしております。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM